ブルーロック第29話「進化の一閃」のあらすじと感想(ネタバレあり)

ブルーロック29話ブルーロック(BLUELOCK)
スポンサーリンク

『ブルーロック』第29話「進化の一閃」のあらすじと感想です。

ネタバレを含みますので、未読の方はご注意ください。

蜂楽のスーパーゴールで1点を返したチームZ。

潔たちも「限界を超えて勝つ」と、改めて闘志を燃やします。

一方、迎え撃つチームVにも油断はありません。潔たちは敵の強力な攻撃を防ぎつつ、さらに追加点を挙げることができるでしょうか!?

前回のあらすじはこんな感じです↓↓↓

第28話「スーパースペシャル」

ブルーロック第29話「進化の一閃」のあらすじ

必要なのは「個」の進化!

ゴールを決めた蜂楽に駆け寄るチームZのメンバーたち。

「俺もいけそうな気がする!」と、興奮するイガグリを國神が落ち着かせます。

チームZの武器は、チームVに研究されており、今までの自分のままでは通用しません。ゴールを奪うには、試合の中で「個人」が進化し、新しいゴールの方程式を見つける必要があります。

これが「限界を超える」ということであり、イガグリのように、気合でとにかくムチャクチャやれば良いという訳ではないのです。

試合時間は残り65分。蜂楽のゴールで意識が変わったチームZは、「個」の進化を目指して試合に臨みます。

『ブルーロック』第29話より引用

その様子を、冷たい眼差しで見つめるチームVの御影。戦う意志を取り戻したチームZに若干イラついています。斬鉄に「怒ってる?」と聞かれた御影の答えは潔たちを驚愕させました。

「サッカー歴半年の俺と凪の無敗記録に傷がつくのが嫌なだけだ!」

御影と凪は、まだサッカーを始めて1年も経っていなかったのです…

執念のディフェンスでボール奪取

チームVが試合を再開します。

ボールを運ぶ御影には、潔と雷市が2人でマークに付きます。自己主張が強い雷市ですが、この試合では守備に徹すると、割り切った様子。悪態をつきながらも、執念深いディフェンスで御影を好きにさせません。たまらずに御影は斬鉄にパスします。

斬鉄のマークに付くのは千切。先ほど止められたお返しにと、千切も気持ちの入った守備を見せ、斬鉄のクロスのコースを変えます。

ボールは凪が収めますが、ゴールには背を向けた状態。イガグリが寄せていましたが、僅かなスペースで反転すると、すぐさまシュートを放ちます。しかし、イガグリが顔面でブロック!

『ブルーロック』第29話より引用

雷市、千切、イガグリの執念のディフェンスでこぼれたボールを蜂楽が拾います。

國神、進化の一閃

反撃に出るチームZ。

蜂楽からボールを受けた國神が仕掛けます。

國神は、自分の武器「ミドルシュート」の決定率が上がる28mの射程圏内にボールを運ぼうとしますが、それはチームVも研究済みで、しっかりと守っています。

進化には何が必要かを考えてしまい、攻めあぐねる國神。そこに潔から檄が飛びます。

「ビビんな國神‼勝負しろ!!お前はスーパーヒーローになるんだろ!?」

その言葉に吹っ切れた國神。ゴールまではまだ40m近くもありましたが、渾身の力を込めて、超ロングシュートを放ちました。

強烈な威力のシュートはキーパーの正面へ…そしてパンチングで弾き出そうとするキーパーの目の前で軌道を変えます。

『ブルーロック』第29話より引用

揺れて落ちる無回転シュート。

ボールはゴールに吸い込まれました。これでスコアは3-2。

國神の「進化の一閃」で、チームVが1点差に詰め寄り前半を終えます。

ブルーロック第29話「進化の一閃」の感想

蜂楽に続いて、國神がスーパーゴールを決めました。

「新しい方程式を見つけるんだ」って言っていた國神ですが、40m級のロングシュートが「方程式」になったらどこからでも決められちゃいますね(笑)

これで、國神は2ゴール目なので、久遠くんも少しそわそわしてくるんじゃないでしょうか・・・?

また、ゴールにつなげる前の、雷市、千切、イガグリの執念のディフェンスも見応えがありましたね。この必死さは、凪には出せないものなので、諦めないで喰らいつくという事が、守備時には大きなポイントになってくるかもしれません。

後半戦はどのような展開になっていくでしょうか?蜂楽、國神と決めたので、次は潔の進化が見たいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました