ブルーロック第23話「出逢うまでは」のあらすじと感想【ネタバレあり】

ブルーロック第23話ブルーロック(BLUELOCK)
スポンサーリンク

ブルーロック第23話「出逢うまでは」のあらすじを振り返りつつ感想を綴っていきたいと思います。ネタバレを含みますので未読の方はご注意ください。

一次選考を突破するには勝利が絶対条件のチームZ。今回は、最終戦の相手「チームV」の御影玲王の過去が描かれます。

第22話「この熱が尽きるまで」の記事はコチラ

ブルーロック第23話「出逢うまでは」のあらすじと感想

勝利で突破の最終戦

モニタールームでミーティングを行うチームZ。

伍号棟の第9試合は既に終了しており、チームYがチームWと1-1で引き分けた。チームYの得点者は二子。

負けたことで積極的にゴールを狙いに行くようになり、結果も出してきた二子の活躍に奮い立つ潔。

そして、第9試合の結果を受け、チームZが一次選考を突破する条件は「勝利」のみというシンプルなものになった。

チームVの要注意人物は、潔が食堂で宣戦布告をした3人。凪、御影、剣城だ。

潔は、サッカーを舐めているような凪の発言に怒っており「絶対勝つ」と新たなモチベーションをもっていた。

さる
さる

チームYの奮闘のおかげで、チームZは最終戦で自力突破が可能となりました。

一方、チームYも敗退が決定しましたが、個人的には最多得点者は二子だと良いなと思ってます。チームYの得点で判明しているのは大川と二子が1得点ずつという事だけなので、チームX戦で挙げた4得点の内訳が気になります。

御影玲王の欲しいもの

第22話の中盤以降はチームVのキーマン、御影玲王の過去が描かれる。

御影玲王は、総資産7058億円「御影コーポレーション」の御曹司だ。容姿端麗、頭脳明晰、スポーツ万能、幼い頃から望むものは全て手に入った。それ故に、彼は常に退屈していた。

「簡単に手に入るモノではなく、俺だけの唯一無二の宝物が欲しい」と願っていた玲王は、高1の夏に生まれて初めて「欲しいモノ」を見つける。

それは、W杯の優勝トロフィーだった。

さる
さる

何でも簡単に手に入ってしまうから、欲しいモノがない。それ故に退屈。

凡人の私には全く共感できない世界で生きてきたらしい御影玲王の過去が判明しました。羨まし過ぎる。

御影と凪の出逢い

玲王の夢に両親は反対した。彼の両親は、玲王が父の後を継ぐことを望んでいるからだ。しかし、それが余計に玲王の想いを強くした。

まずは、高校のサッカー部を全国優勝させて両親を黙らせようと考えた玲王。しかし、玲王が通っていたのは超進学校で、サッカー部は弱小だった。

どうしようかと考えながら校内を歩いていると、階段に座ってゲームをしていた凪を蹴飛ばしてしまう。

凪は、放り投げてしまったスマホを、階段から飛び降りて器用に足でトラップ。

一目で凪の才能に惚れ込んだ玲王。サッカーと凪という二つの宝物を見つけた玲王の人生は、もう退屈ではなくなったのだった。

さる
さる

玲王と凪は同じ高校だったんですね。凪はめんどうくさがりなくせに、勉強はしっかりできるんですね。勉強の方も天才なのでしょうか。

恐ろしいのは凪も玲王もサッカーを始めたのが高1からということですね。もっと早く初めてたら伍号棟にはいなかったかもしれませんね。逆に経験値は他の選手たちより少なそうなので、その点が攻略の鍵になるかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました