【ブルーロック】第22話のネタバレと感想・考察!チームVに宣戦布告!

ブルーロック22話ブルーロック(BLUELOCK)
スポンサーリンク

『ブルーロック』第22話「この熱が尽きるまで」のネタバレと感想・考察です。
ネタバレがあるので未読の方はご注意を!

久遠の裏切りで一次選考敗退の危機に追い込まれたチームZでしたが、試合終了間際に千切豹馬が覚醒!

チームWを引っ張る鰐間兄弟をブチ抜き、同点ゴールを奪います。そのまま試合はタイムアップ。なんとか引き分けに持ち込んだチームZは、最終戦に望みをつなげるのでした。

前回のネタバレはこちらをどうぞ↓↓↓

第21話「ブチ抜け!」

頼れる仲間、そしてライバル

同点ゴールを決めた千切に駆け寄る潔。「凄ぇよ・・・お前!」と興奮気味です。

潔を見ていたら熱くなって、気が付いたら走っていたという千切。この熱が尽きるまで、俺は走るぞと、宣言します。

頼れる仲間になりそうな千切に、「おぅ、一緒に戦おうぜ」と手を伸ばす潔。そんな潔の手を「世界一になるのは俺だ!!」と掴む千切。

『ブルーロック』22話より引用

試合前は揉めてしまった2人でしたが、チームW戦を終えて良い関係を築けましたね。

少し遅れて、千切のもとにチームメイトたちが駆け寄ってきました。チームZの雰囲気も良い感じです。久遠を除いては・・・

一次選考突破には久遠も必要

一方、勝てたはずの試合を落としたチームWは、久遠を袋叩きにしていました。どうやら千切の俊足を隠していたと疑われているようです。

「本当に知らなかったんだ・・・」と弁明するも、鰐間たちにドカドカ蹴られる久遠。自業自得なので同情の余地はありませんね!

『ブルーロック』22話より引用

しかし、潔は鰐間たちを止めに入ります。潔は鰐間兄に胸ぐらをつかまれますが、「俺のチームに手ぇ出すな」と、國神が止めるという展開に。久遠が逃げ出したことでその場は収まります。同時に第8試合の結果が判明。チームVがチームXを5-2で順当に下していました。この結果、チームXは敗退が決定です。

きっと、キング馬狼がチーム内得点王で復活してくるでしょう。

ロッカールームに戻った潔たち。潔は終了間際の独りよがりのプレーを雷市に怒られます。「お前は1人で勝負できる選手じゃねーんだから」と言う雷市。ちょっと前なら「ザコは俺にパス出しとけばいいんだ」とか言ってそうです。雷市の発言は、潔をチームメイトとして認めた上での指摘だったんじゃないかなと感じました。

着替えを終えて移動するチームZの面々。話題は最終戦、チームVとの試合について。「10人じゃ勝てない」「久遠どこ行った」という発言が出ると、「アイツとまだ一緒に戦わなきゃいけねーのかよ!?」と怒る雷市。

雷市の気持ちも凄く分かりますが、「伍」号棟最強のチームVを相手に、10人で勝利するのはかなり厳しいでしょうね。裏切り者だとしても、再び久遠を受け入れるしかないといった状況です。

チームVに宣戦布告!

潔たちが食堂の前を通りかかると、久遠がチームVの選手たちに「契約」を持ち掛けているところでした。

「チームZの情報を教えるから次の試合を0点で抑えてくれ」「二次選考でも何らかのアドバンテージを約束する」という条件で、チームVに取り入ろうとする久遠。クズ野郎と捉えるべきか、凄まじい執念だと捉えるべきか・・・

しかし、久遠の話を聞いていたチームVの3選手は、その提案を一蹴。「メリットにならない」「ダサい」「めんどくさい」と、ボロクソに言われてしまいます。久遠が話を持ち掛けた3人は、剣城斬鉄(5ゴール)、御影玲王(6ゴール)、凪誠士郎(7ゴール)。ランキングも223位~221位の、「伍」号棟のトップ3なのでした。部屋に戻ろうとする3人に、必死に食い下がろうとする久遠。その姿を見た凪が言います。

『ブルーロック』22話より引用

「頑張んなきゃ勝てないなんて、弱い奴ってめんどくさいね」

この言葉に、影で見ていた潔たちも黙っていませんでした。

「サッカーなめんな!」と飛び出し、チームVの3人に宣戦布告した潔。いよいよ一次選考も最終決戦です!

「伍」号棟最強の選手、凪は「負けてもやりたいほどサッカーって面白いの?」と言うような自信家です。そんな選手がなんで一番下の「伍」号棟にいるのかという疑問もありますが、とんでもなく強敵な予感がしますね。

【ブルーロック】第22話のネタバレと感想・考察まとめ

『ブルーロック』第22話のネタバレと感想・考察でした。

久遠の裏切りについて、絵心が何も言ってこないのは意外かなと思いました。認める、認めないも含めて何かしらアナウンスがあるかとは思っていたんですが・・・

チームZは雰囲気もかなり良くなっているだけに、久遠も大人しくチームに戻ってくれれば良いですけどね。久遠としては勝手にチームVに助太刀して、チームXを0点に抑え、チーム内得点王として一次選考突破!なんて作戦も考えてそうで怖いです。


コメント

  1. より:

    もうタネが割れているのにも関わらず、懲りずに裏取引を持ちかけようとする久遠は逆に清々しいほどの小悪党に見えてきたwww
    お咎めもないから一応セーフということでいいのか。

    宣戦布告はしたがチームVは“5号棟”では最強なので油断はできませんね。勝機があるとすれば、すでに生き残りは確定しているので手を抜く可能性があるということ。そこを叩けば、どうにかなるかも。
    もっとも、手を抜いたチームVに勝ったところで、それより上の人たちは大勢いるので勝ち上がったチームVが速攻で他の強豪チームに負けるという展開は予想できますがwww

    • mangasomurie より:

      Nさん

      コメントありがとうございます。

      たしかに久遠はどんどん小物感を出してきましたよね。チームZが勝てば久遠もお咎めなしで2次選考進出というのはなかなか不条理な気もします。

      チームVが手を抜くとか油断するといった展開は、チームZとしては狙っていきたいところですよね。ただNさんがおっしゃるように、他の棟のチームはランキング上、全てチームVよりも強いという中で、チームVの3人が自信満々なのは個人的にはダサいなとも思ってたりします。もうちょっとハングリー精神持てよと。

タイトルとURLをコピーしました