【ブルーロック】第21話のネタバレと感想・考察!スピードスター・千切豹馬が覚醒!

ブルーロック21話ブルーロック(BLUELOCK)
スポンサーリンク

『ブルーロック』第21話「ブチ抜け!」のネタバレと感想・考察です。
ネタバレがあるので未読の方はご注意を!

第20話では千切豹馬がついに怪我のトラウマを克服して走り出しました。

しかし、時間的にはこれがラストプレー。チームZは同点に追いつくことができるのでしょうか?

スピードスター・千切豹馬が覚醒

第20話のラストで怪我の恐怖を克服した千切がタッチラインギリギリを駆け上がります。

ボールを持って敵に囲まれていた潔は逆サイドを疾走する千切からゴールの匂いを感じ取ります。ラストプレーを千切に懸けた潔は敵陣深くにロングボールを蹴り込みます。

『ブルーロック』第21話より引用

チームWの選手たちは「クリアで試合終了だ!」とボールを追いかけます。雷市や國神も「どこ蹴ってんだ」的なリアクション。

案の定、先にボールに追いついたのは裏切り者の久遠。クリアして試合を締めようとしますが・・・

「どけ」

と、背後から千切が出現。そのまま久遠をブチ抜きます。

千切のスピードは流石ですが、千切の覚醒にいち早く気付き、彼が追い付けるギリギリの所にパスを出した潔の視野とパス精度もかなり凄いと思います。

「誰かをブチ抜く」が全て

諦めない潔のプレーに触発されて再びフィールドを駆けだした千切は、忘れかけていた感情を思い出していました。

それは「誰かをブチ抜く」快感こそが自分のサッカーの原点であり全てであったこと。それは千切にとって、天才だとか、二度とサッカーが出来なくなるといったことよりも大事なことでした。

『ブルーロック』第21話より引用

大切なことが何かを思い出した千切は、「一人スルーパス」で鰐間兄弟をブチ抜きゴールに迫ります。その推進力は強烈で、ユニフォームを掴んで止めようとした鰐間(弟)を逆に吹っ飛ばします。

千切を挑発しまくっていた割に、覚醒した千切には全く歯が立たない鰐間兄弟の小物っぷりが際立ってます。そりゃ後輩の千切にエースの座を奪われるわけです。

覚悟のシュートと同点ゴール

鰐間兄弟をブチ抜いた千切でしたが、ボールは飛び出してくるキーパーに向かって転がっていきます。先に追いつけるか微妙、下手したらキーパーと接触して今度こそ足が壊れてしまうかもしれない・・・そんな状況です。

しかし、千切はフルスピードでボールに突っ込みます。

もしこのシュートを外したら、もしくはこのプレーで足が壊れたら・・・その時はサッカーを諦める。でもゴールを奪えたら再び世界一の夢を追いかける。

『ブルーロック』第21話より引用

覚悟を決めて伸ばした足はキーパーよりも先にボールに触れ、同点ゴールが決まるのでした!

「うおらぁ!!!」と雄たけびをあげる千切。

直後に試合終了。チームW対チームZの試合は4-4の引き分けに終わりました。

ゴールも決めて千切豹馬完全復活って感じですね!チームZも引き分けで何とか最終戦に希望をつなぎました。

『ブルーロック』第21話のネタバレと感想・考察まとめ

『ブルーロック』第21話のネタバレと感想・考察でした。

復活した千切豹馬の独壇場な回でしたね!

彼のスピードはチームVとの最終戦でも大きな武器になりそうです。

しかし、気になるのは久遠の処遇ですね。裏切り者の久遠をチームZが許すことは難しい気がします。それでも「伍」号棟最強のチームVと戦う上では、久遠の力も必要になってきそう・・・

そもそも、久遠の裏切りがブルーロックのルール的に許されるのかも分かりません。皮肉なことに、チームZは裏切った久遠の処遇で戦況を大きく左右されるのかも。


コメント

  1. より:

    見事圧倒的な劣勢から引き分けに持ち越したチームZは絵心の中でも評価は急上昇することでしょう。
    反対に裏取引をしながらも、引き分けに持ち越されたチームWと久遠はルール的にOKだとしてもランク付けとしてはかなり下になると思う。場合によっては、久遠は最下位になるかも。裏切りの代償としては十分な仕打ちになるだろう。
    これで、久遠が何事もなかったようにチームWを騙すためとか言い出したら、一発殴ってもいい。試合は終わったし、殴ったところでイエローカードは出ないから。

タイトルとURLをコピーしました