ブルーロック第15話「螺旋(スパイラル)」のあらすじと感想【ネタバレあり】

ブルーロック第15話ブルーロック(BLUELOCK)
スポンサーリンク

ブルーロック第15話「螺旋(スパイラル)」のあらすじを振り返りつつ感想を綴っていきたいと思います。ネタバレを含みますので未読の方はご注意ください。

自分の武器が「空間認識能力」だと分かった潔でしたが、その武器をどう使うべきかに悩んでいました。そこに絵心から新たな助言か提示されます。

第14話「覚悟」の記事はコチラ

ブルーロック第15話「螺旋(スパイラル)」のあらすじと感想

最新のBLランキングが発表!

一次選考の第3戦に向けてトレーニングに励むチームZ。

自分の武器が「空間認識能力」だと分かった潔だったが、その武器の活かし方が分からずに悩んでいた。練習では相変わらず、チームメイトとの実力差も感じ、危機感を募らせる。

すると、モニターにまた絵心が現れる。

最初に絵心から発表されたのは第6試合の結果と現時点での一次選考の順位表だった。第6試合では、チームYが4-3でチームXを下している。この結果1位が2勝しているチームV、2位以下は勝ち点3で4チームが並ぶ大混戦となっていた。

続いて発表されたのは、最新のBLランキング。一次選考の経過を受け、チーム内順位に変動が発生。1位はなんと潔だった。

ストライカーとして、最も価値の高いゴールを決めたことが評価された。

さる
さる

発表された一次選考の順位表から、第5試合は「チームV」vs「チームW」でチームVが勝利したと思われます。馬狼のチームXは、1勝2敗で勝ち抜けが厳しくなりました。馬狼が最多得点で勝ち上がってきそうですね。
また、チーム内順位は、潔、國神、我牙丸と得点者が上位に。ストライカーとしての評価であるはずなのに、GKで固定の伊右衛門がまさかの8位・・・下位の3人(成早、千切、イガグリ)はもっと頑張れと言いたくなりますね(笑)
あと、序盤にちらっと触れられていましたが、絵心は元選手だったようです。現役時代に食事制限で食べられなかった分、反動でカップ麺ばかり食べてしまうそうです。根拠はありませんが、この「現役時代」というのは、サッカー以外の可能性もありそうだなと感じました。

次のステップ

さらに絵心は、新しい助言をチームZに授ける。

「己だけの武器」を見つけた潔たちの次なるステップは、その武器を「突出」させる事。

メッシで言えば「独特なタッチのドリブル」×「恐ろしく振りの速い左足のシュート」というように、「0」を「1」にできる自分だけの武器を強力に進化させるプレーを見つけ出せと言うのだった。

そして最後に、チームZの次の対戦相手が、チームWという事が発表される。

さる
さる

自分だけの武器を見つけたら磨いて「突出」させるというのは予想できましたが、磨き方として提示されたのは、武器の精度なり強度を高める事ではなく、武器の威力を高めるためのプレーを見つけ出すというものでした。
潔の場合は二子が言っていた、「広い視野」と「周りを動かす頭脳」みたいな事になるのでしょうか。

お前を中心に回ってる

練習後、自分に必要なものを考えた潔は、スタミナをつける事にした。

ゴールの匂いを感じ取った時に、バテたり、反応できなければ意味がないからだ。90分間走り続ける肉体を創るため、潔は個人特訓としてランニングを始める。

すると、すぐに國神と蜂楽が追いかけてきた。驚く潔に蜂楽は言う。

「このチームZはもう、お前を中心に回ってる」

振り向くと、他のメンバーも潔の後を追ってランニングを始めていた。自分がチームZのトップである事を自覚した潔は、更に闘志を燃やすのだった。

さる
さる

チームZのメンバーが、潔を追いかけているシーンが描かれている見開きにはジーンときました。「青い監獄(ブルーロック)」に来てから凹む事が多かった潔ですが、ここに来てかなり前向きに高みを目指していけている感じがします。
一次選考の残り2試合がランキングの上位2チームなので、また壁にぶち当たりそうですが、頑張って欲しいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました