ブルーロック第14話「覚悟」のあらすじと感想【ネタバレあり】

ブルーロック第14話ブルーロック(BLUELOCK)
スポンサーリンク

ブルーロック第14話「覚悟」のあらすじを振り返りつつ感想を綴っていきたいと思います。ネタバレを含みますので未読の方はご注意ください。

チームYとの試合に勝利し、チームZは結束を強めていきます。しかし、千切豹馬だけは、チームの輪に入ろうとしないようです…

第13話「生まれ変わるのは」の記事はコチラ

ブルーロック第14話「覚悟」のあらすじと感想

祝勝会

チームYに勝利したチームZの面々は、それぞれが自分のおかずを持ち寄り祝勝会を開いていた。

潔は決勝ゴールを決めた事で、チームメイトの信頼を掴んだ様子。少なくとも雷市以外は、潔の実力を認めているようだ。

潔の武器が「ゴールの匂いを感じ取る力」である事もチームメイトに共有されていく。

初勝利でチームの結束も強まり、メンバーは改めて「絶対に生き残る」ことを誓い合うが、唯一人、千切だけはチームの輪に入ろうとしていない。

さる
さる

今までにないくらい雰囲気が良くなったチームZ。サッカー選手がまとまるには理屈をこねくり回すよりも、1回「勝利」する事が最も効果的なのかもしれませんね。

潔の武器は「空間認識能力」

その夜、潔はゴールの興奮が冷めやらず寝付けなかった。

試合映像を見直すためにモニタールームに向かうと、そこには千切の姿が。千切は一人で潔のゴールシーンを眺めていた。

チームY戦ではDFにポジションを固定しながら味方のプレーを観察していた千切。その千切に言わせれば、潔の武器は「空間認識能力」の高さだという。

殆どの選手が自分の視野から状況を判断しているのに対して、潔は時折、フィールド全体を把握したようなプレーを見せる。

しかし、まだ潔はその能力を直感でしか使えておらず、意識的に使えるようになれば、唯一無二の武器になるとも、千切は言う。

さる
さる

潔が漠然と感じていた「ゴールの匂い」という感覚を、「空間認識能力」という具体的な言葉にしてくれた千切。これによって潔は次の試合から意識的に自分の武器を磨いていけそうですね。

千切の武器

「自分の武器」についての助言を貰った潔は、千切の武器について質問する。

やはり千切は自分の武器については教えてくれなかった。

かつては自分の武器に自信を持ち、世界一のストライカーを夢見ていたという千切。しかし1年前、彼は「右膝前十字靭帯断裂」の大怪我を負ったという。怪我が治った今も、恐怖心から元のプレーを取り戻せないそうだ。

「青い監獄(ブルーロック)」には夢を諦めるために参加したという千切。そんな千切に潔は、みんな夢を失うのが怖いのは一緒だと言う。「失くす覚悟のない人間に夢なんか掴めるワケない」と言い放つ潔。

しかし、その言葉は千切を怒らせるだけなのだった。

さる
さる

潔が千切を怒らせてしまいましたね。千切からすれば、実力で届かない事と、怪我で奪われてしまう事は全く違うと感じたのかもしれません。
千切は、かつてはチームZの誰よりも自分の武器をよく分かっていて、自信も持っていたのかもしれませんね。膝を怪我して失ってしまったという事は「スピード」が武器だったんでしょうか。名前も「豹馬」ですしね!
ランキング上位との2試合が残っている一次選考突破のためにも、千切がトラウマを克服し、戦力として活躍してくれることを期待しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました