ブルーロック第13話「生まれ変わるのは」のあらすじと感想【ネタバレあり】

ブルーロック第13話ブルーロック(BLUELOCK)
スポンサーリンク

ブルーロック第13話「生まれ変わるのは」のあらすじを振り返りつつ感想を綴っていきたいと思います。ネタバレを含みますので未読の方はご注意ください。

「チームZ」vs「チームY」との一戦も最終盤。チームYが起死回生の全員攻撃を仕掛けてきました。前がかりになっていたチームZは一気に窮地に陥りますが…

第12話「合図(スイッチ)」の記事はコチラ

ブルーロック第13話「生まれ変わるのは」のあらすじと感想

「一分必殺反撃(ワンタイム・キル・カウンター)」阻止!

後半終了間際。チームYは全員攻撃の「一分必殺反撃(ワンタイム・キル・カウンター)」を仕掛けてきた。

チームZは攻撃に人数をかけすぎており、自陣は手薄。虚を突かれた事もあり、なす術もなくゴール前まで侵入を許してしまう。

ゴール前に抜け出したのは二子。GKの伊右衛門が飛び出すが、二子は横にパスを出す。走り込んでいたのは大川。伊右衛門は失点を覚悟する。

しかし、大川へのパスを潔がカット。すぐさま大きく前に蹴り出す。

潔は、自分と似た「眼」と「脳ミソ」を持っている二子なら必ずパスを出すと読んでおり、大川へのパスコース目掛けて一直線に帰陣していたのだった。

さる
さる

チームZにとって絶体絶命のピンチを潔が救う形になりました。潔が埼玉県大会決勝で味わった悔しさを、今度は二子に経験させることになりましたね。
潔が二子に放った「お前はストライカー失格だ!!」というセリフは、過去の自分に対しての言葉のようにも感じました。

チームZのロングカウンター

潔が大きく蹴り出したボールは國神が抑える。二人がかりで止に来るチームYのディフェンスと競り合いながら、國神は蜂楽にパス。

右サイドでパスを受けた蜂楽は、ドリブルで二人を抜き去り、ゴール前に低い弾道のクロスを入れる。ペナルティエリアの中央に走り込んでいたのは我牙丸。

我牙丸はダイビングヘッドで合わせに行くが、ギリギリのところで届かない。しかし、蜂楽の狙いは我牙丸ではなく、ファーサイドに走り込んでいた潔だった。

自陣ゴール前にいた潔がここまで上がっている事に誰も気づかず、完全にフリーだった。

潔はダイレクトボレーで勝ち越しのゴールを決める。

さる
さる

潔が遂に初ゴールを決めました。後半戦での潔の活躍は目を見張るものがありました。このゴールに絡んできた國神、蜂楽、我牙丸とは、次戦以降も良い関係性を築いていけそうな予感がしますね。

勝利の快感

潔のゴールが決まったところで試合終了。チームZが2-1で勝利を収めた。

ゴールを祝福しに駆け寄ってくるイガグリ、久遠、成早らチームメイトをスルーし、潔は項垂れるチームYの選手たちの間を歩いていく。自分がチームYの11人の夢を潰したという現実を噛みしめながら歩く。

そして、うずくまる二子の前で立ち止まる潔。二子は潔の気配に気づいたのか上を見る。その顔は汗と涙にまみれていた。

二子の「負け顔」を見下ろし、潔は勝利の快感を得るのだった。

さる
さる

チームYの選手たちの夢を自分が潰したと自覚しながら歩く潔は、彼らの思いも背負っていく覚悟を決める…という展開かと思いきや、真の勝利を得た快感に酔いしれているのでした!
絵心が求めるエゴイストに近づいたのでしょうね。これは変化と言うよりは、心の奥にあった本性が表に発現してきているって感じなのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました