【ブルーロック】第13話のネタバレ感想&考察!過去の自分を振り払うスーパープレー!

ブルーロック13話②ブルーロック(BLUELOCK)
スポンサーリンク

『ブルーロック』第13話「生まれ変わるのは」の感想と考察です。
ネタバレもあるので未読の方はご注意を!

前回のあらすじはこんな感じです↓↓↓

第12話「合図(スイッチ)」

チームYのキーマンは大川ではなく二子。その事に気付いた潔は、コーナーキックからのカウンターを狙う二子からボールを奪取。そのままシュートに持ち込んで、我牙丸のゴールをお膳立てしました。勢いづいたチームZは逆転ゴールを狙って攻め続けます。二子を抑えられて防戦一方に見えたチームY。しかし、試合時間がラスト1分になったところで、前がかりになったチームZに対して、チームYは全員参加のカウンターアタックを仕掛けるのでした!

『ブルーロック』第13話のあらすじを箇条書きで!

まずは第13話のあらすじをサッとおさらいしましょう。

●チームYの全員参加のカウンターアタックが炸裂!ボールはすぐにゴール前へ到達する。

●ボールを受けたのは二子。ゴールキーパーと1対1の場面で、選択したのは走りこんでくる大川へのパスだった。

●潔はそのボールをカットする。自分と同じ思考の二子のプレーを読んでいた。

●チームZが逆にカウンターを仕掛ける。潔→國神→蜂楽と繋ぎ、蜂楽が低弾道のクロスを上げる。

●中へ走りこんだのは我牙丸。しかし、ギリギリで合わせる事ができずボールはファーサイドへ。

●そのボールに飛び込んだのは、自陣ゴール前に居たはずの潔だった。ボレーシュートが突き刺さりチームZが逆転!

●同時に試合終了。崩れ落ちるチームYを見て潔が感じていたのは快感だった。

潔がついにゴールを決めて、チームZが初勝利を挙げました。“かいぶつ”モードの潔のプレーには凄みがありますね!

『ブルーロック』第13話の感想&考察!

過去の自分を振り払うスーパープレー

必殺のカウンターが決まり、ゴールキーパーと1対1になった二子が選択したのは大川へのパスでした。しかし、潔はそのパスを読んでいました。チームY戦では“ゴールの匂い”が守備面で活躍していますね。

潔は直近に2度、同じような場面でパスを選択し、苦い思いをしました。全国大会を賭けた埼玉県大会の予選では味方がシュートを外し、チームXとの試合では馬狼から「ストライカー失格」と言われています。

でもこの2つの失敗があったから、潔は二子を止める事ができたのかもしれません。二子は潔にとって、振り払うべき“過去の自分”のような存在でしたね。潔が二子に放った「お前はストライカー失格だ!!」というセリフも、これまでの自分と決別するという潔の思いが込められているように感じます。

ブルーロック13話③
『ブルーロック』第13話より引用

そして、潔は自陣ゴールエリアから敵陣のゴール前まで走りこんで逆転ゴールを決めました。敵の攻撃を潰すのも俺、ゴールを決めるのも俺というまさに“エゴイスト”なスーパープレーです。このゴールで潔は生まれ変わることができたのでしょうか。

ブルーロック13話②
『ブルーロック』第13話より引用

キーマン3人が絡んでのゴール

入寮からピックアップされていた、主人公の潔、蜂楽、國神。

潔の初ゴールはやはりこの3人から生まれました。蜂楽はもちろん、國神も潔がありえない距離のオーバーラップをしてきているのを感じていたみたいですし、潔にゴールを決めさせようっていう気持ちを感じました。

ブルーロック13話①
『ブルーロック』第13話より引用

この3人には、ブルーロックで生き残るための“利害関係”以上の信頼感が芽生えているようにも思えます。形だけではなくて、精神的にもチームメイトになれてきているって感じです。試合に勝利できたことで、他のチームメイトとも同じような関係を築いていけると良いですね!

『ブルーロック』第13話の感想&考察まとめ

『ブルーロック』第13話の感想と考察でした。

潔のスーパーな逆転ゴールでチームZが初勝利を飾りました。

崩れ落ちるチームYを見て快感を覚えた潔。それを見て嬉しそうな絵心。

入寮試験で絵心が言っていたように、ギリギリの勝負を勝つことで得られる快感が“エゴイスト”を生み出すのだとしたら、潔は一歩“世界一”に近づけたということでしょうか。

不敵に笑う絵心の真意はいかに!?

第14話「覚悟」へ続く

コメント

タイトルとURLをコピーしました