ブルーロック第11話「予感と直感」のあらすじと感想【ネタバレあり】

ブルーロック(BLUELOCK)
スポンサーリンク

ブルーロック第11話「予感と直感」のあらすじを振り返りつつ感想を綴っていきたいと思います。ネタバレを含みますので未読の方はご注意ください。

一次選考のチームY戦に挑むチームZ。ストライカーを交代制にする「次俺9作戦」で積極的な攻めを見せますが、チームYのカウンターで一気にピンチを迎えるのでした…!

第10話「次俺9作戦」の記事はコチラ

ブルーロック第11話「予感と直感」のあらすじと感想

チームYが先制

チームYの狙いは「カウンター・アタック」だった。

潔と成早を振り切り、二子からのロングパスを受けた大川は、GKの伊右衛門との一対一も難なく制し、先制ゴールを奪う。

先制したチームYは無理な攻撃はせず、守備に人数をかけてくる。チームZは、ストライカーが久遠→雷市→今村と代わっていくが、チャンスを生み出すことができず前半が終了する。

さる
さる

先制点を奪ったチームYはその1点を守り切るような戦い方をみせましたが、これはストライカーのみで構成されたチームとは思えない戦術ですね。
前半は狙い通りに試合を運べましたが、これが「青い監獄(ブルーロック)」で求められる戦い方なのかは怪しいところですね。

「次俺9作戦」続行!

ハーフタイム。ロッカールームでは雷市が怒っていた。雷市と今村のターンは、ずっとチームYにボールを支配されて終わったようだ。

千切は、使えない武器で勝負するより、蜂楽や國神のような相手が嫌がる攻撃を仕掛ける方が良いと提案するが、後半にストライカーを担う予定のイガグリが反発する。

結局は、作戦を変えて再びチームがバラバラになっては負けが確定してしまうと、久遠が「次俺9作戦」の続行を宣言。チームZは後半も同じ戦い方を貫く事になる。

さる
さる

千切が言っていた、國神や蜂楽を使った攻撃は確かに相手も必死にディフェンスをしていた気がします。
後半は今村が5分と、我牙丸、成早、潔、イガグリと下位打線なので、攻撃力は前半より落ちる恐れがありますね。

初めてのチャンス

後半戦、「次俺9作戦」を続行するチームZは、我牙丸のターンでチャンスを迎える。

我牙丸の武器は、その肉体のバネ。一見、誰も届かなそうな潔からの無茶振りアーリークロスに、我牙丸がダイビングヘッドで合わせてゴールを強襲する。

このシュートは、GKのファインセーブで防がれるが、チームZはこの試合で初めてのコーナーキックを得る。

「我牙丸の武器はチームYに通用する」と、希望を感じる潔。しかし、直後に背後のスペースに悪寒を感じる。この悪寒は、カウンターを狙う大川への恐怖ではない。潔は何かに気付く。

そして潔は、コーナーキックが蹴り込まれると同時に、ボールとは逆方向に走り出すのだった。

さる
さる

コーナーキックはチャンスであるとともに、ボールを奪われればカウンターで大ピンチに陥ります。潔の広い視野が、敵側のゴールの匂いも感じ取ったようです。
チームYで、大川以外に危険そうなのは二子ですから、潔は二子を潰しに走ったのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました