アオアシ143話のネタバレと感想!黒田と大友に望コーチから衝撃の言葉が!

アオアシ143話アオアシ
スポンサーリンク

いらっしゃいませ。

アオアシ143話「清流と淀み」のネタバレと感想です。

アシトや富樫たちが福田監督と夜練をしている頃、黒田と大友は望コーチのもとを訪ねていました。

そこで望コーチから掛けられた言葉は、2人には様々な意味で衝撃的なものでした。

望コーチの言葉

黒田、私が思うにお前は「もっともユースらしい選手」それが最たる特徴だ。

引用:『アオアシ』143話

第143話は望コーチの黒田評からスタートします。

ユースらしい選手とは良い意味なのか悪い意味なのか質問します。

そこをズバッと指摘してもらうために望コーチを訪ねてきたのです。

望コーチの言う「ユースらしい」とは優等生、エリート意識が高いということ。

なんでもセオリーにはめ込み、それがギリギリの勝負をしている時に心を折る原因になってしまうもの。不要なプライドと言い換えて良いかもしれません。

そして、阿久津とアシトがそんなユースの選手たちの意識を変える為に福田監督に選ばれた淀みだと知らされます。

これには黒田も大きなショックを受けたようです。

セオリーで考えて合理的なプレーをすることを黒田は正しい事だと考えている節がありましたが、福田監督にはそれがユース生の欠点だと思われていたのです。

もちろんセオリーや合理性といったものも大切ですが、それにばかり囚われて勝利への執念みたいなものが薄いってことだと思います。

アシトや阿久津は熱量が凄いですからね!

自分のエリート意識が成長を邪魔しているとしって衝撃を受ける黒田。

アオアシ143話①

一方、大友に対する望コーチの評価はもっと衝撃的でした。

お前は、1年生で最高のメンタルの持ち主だ。ずば抜けている。

私はお前を、主将気質と思っているよ。

引用:『アオアシ』143話

大友、まさかのべた褒めです。

しかも主将気質とまで言われています!

1年生たちの夜練が本格化

アシト達の夜練は、黒田と大友を加えて本格的にスタートしました。

普段ならオーバーワークと言いそうなユース上がりの面々も、アシトや富樫の姿勢に感化されて反対しませんでした。

望コーチの話には出てきませんでしたが、富樫もまた、アシトや阿久津と同じチームにがむしゃらさや熱をもたらす淀みの1人ではないかと思います。

そしてがむしゃらにサッカーと向き合い始めた黒田たちの姿を見て、アシトも刺激をもらっている様子です。

1年生に、切磋琢磨する良い関係が築かれていってます。

まとめ

第143話は、黒田と大友が望コーチからアドバイスを貰うところから、アシト達の夜練が本格始動しましたよというところが描かれました。

個人的に望コーチから飛び出した大友の主将気質発言が1番衝撃的でした。

セレクションの時から、もの凄く緊張しているものの考え方は柔軟で頭も良さそうな印象はありましたが、まさか望コーチからそこまで評価されているとは!

アシト達と一緒にAに上がっているのもそういったメンタル面が評価されているんでしょうね。

大友はけっこう好きなキャラなので、ここから存在感を増していってくれると嬉しいです。

頑張れ大友!

コメント

タイトルとURLをコピーしました