アオアシ136話のネタバレと感想!アシト、栗林、阿久津の高速カウンター炸裂!

スポンサーリンク

いらっしゃいませ。

アオアシ136話「もう一人」のネタバレと感想です。

柏大商業との試合も終了間際になりました。
栗林はアシトのポジショニングを見て、ラストプレーを攻撃に使う事にします。

ちょうどその時、自陣のペナルティエリア前でエスぺリオンがボールを奪います。

一気に前線へ駆け上がる栗林。

ラストプレーで何を見せてくれるのでしょうか?

アオアシ136話のあらすじとネタバレ

前線へ駆け上がる栗林を見て、アシトはボールを要求する。
味方からパスを受けると、栗林にロングフィード。

アシトのポジショニングは、敵のサイドアタッカーをケアするとともに、カウンターの起点にもなれる位置だった。

アシトのパスはハーフラインを越えて栗林にピタリと合う。栗林の前にディフェンダーは1人しかいない。
栗林はドリブルで仕掛けるが、柏大商業のディフェンダーも冷静だった。
不用意に飛び込まず、味方の戻りを待とうとする。

「もう一人、俺と同じイメージで動いてくれてる奴がいればな」

と、栗林は思う。

しかし「流石にそれは贅沢か」と若干諦めてもいる様子。

その時、後ろから「栗ー!」と呼ぶ声がある。

猛ダッシュで上がってきたのは阿久津だった。

栗林のパスを受けた阿久津がミドルシュートを叩き込み。3-0。
同時に試合終了のホイッスルが鳴る。

先輩たちはアシトが「偶然」良い位置に居たことや、ロングフィードを褒めてくれたが、アシトは上の空な顔をしている。
頭の中では、攻撃のイメージは瞬時に構築できる事を改めて感じていた。

そして守備ではそれができていない事も。

そんな、アシトと阿久津を抱き寄せて満面の笑みで喜ぶ栗林。

イメージ通りにできて良かったね!

ここで、次回に続きます。

アオアシ136話の感想と考察

なんとなく見えてきたコンプリートの意味

ラストプレーで得点に絡んだアシト。
Aチームでの初実戦でアピールに成功しました。

しかし、アシト自身が感じているように、課題は山積みです。
技術やフィジカルはもちろんですが、サイドバックとしてアシトが身に付けなくてはいけないのは「無意識下で適切な守備ができるようになること」ですね。

その点、ラストのカウンターで、栗林と瞬時にイメージを共有できた事で、守備ではそれができていないことに気づけたのは大きかったですね。
福田監督も、アシトが無意識で守備ができるようになることを求めています。

サイドバックはディフェンダーですから、守備が安定してこそのポジションです。

そして最終的に、攻撃も守備も考えずに体が勝手に動くようになれば、それはコンプリートしたサイドバックにかなり近づいたと言えそうです。

しかし、アシトが無意識の守備を身に付けるには、阿久津とイメージを共有しなければいけません。
かなり苦戦はしそうですね・・・

栗林の笑顔

136話では、試合後にアシトと栗林を抱き寄せて満面の笑みで喜ぶ栗林が印象的でした。
何を考えているか掴みづらく、サッカーに対しては怖いくらいストイックなイメージがある栗林があんな笑顔を見せるとわ。

サッカーに対してストイックだからこそ、イメージ通りのプレーができて大喜びしたのでしょう。
それだけ、サッカーを純粋に好きという事ですね。

少し栗林の印象が変わりました。

ギャップ萌えってやつですね。

また、栗林が喜びを爆発させるほど、最後のカウンターは会心のプレーだったということです。

その起点がアシトだったところが熱いですね!

まとめ

遂に、柏大商業戦が決着しました。

「今年は高校が強い」って言っときながら3-0で快勝するAチームの皆さん流石です。

デビュー戦だったアシトもレベルの違いを感じながらも、自分にできるプレーでチームに貢献しました。
次の試合でもメンバー入りが期待されますが、とんとん拍子には進まないのが『アオアシ』ですから、また新たな壁が立ちはだかるかもしれません。

特に、ふてくされ気味の冨樫と黒田。
相変わらずアシトに冷たい阿久津との関係など、不安材料はたくさんあります・・・

・・・頑張れアシト!負けるな!

次回も楽しみです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました