アオアシ130話のネタバレと感想!アシトが予想通りの大苦戦!

スポンサーリンク

いらっしゃいませ。たけるです。

アオアシ130話「21人の精鋭、一人の兵卒」のネタバレと感想です。

前回、柏大商業の杉浦監督にロックオンされていたアシト。

柏大商業の選手たちにもアシトがエスペリオンの穴であることがバレてしまいます。

柏大商業の集中攻撃を受けるアシトのフォローをするのは、皮肉にも阿久津なのでした・・・

アオアシ130話のあらすじとネタバレ

後半開始早々に先制点を奪ったエスペリオン。

柏大商業の選手たちは、エスペリオンに動きを封じられ始める。

そこで、ベンチの杉浦監督から指示が出る。

それはアシトを狙えというものだった。

アシトはプレミアリーグのゲームスピードに全くついていけていない。

そこに柏大商業の攻撃が集中し始めるが、成すすべがない。

それを見ていた、冨樫たちもアシトが狙われているのに気づく。

「いきなり通用するわけがねぇ」
安心したようにそう言う冨樫の前に、杏里が仁王立ちする。

一方エスペリオンベンチでは「ほらね」みたいな顔で福田監督を見るコーチ。
黙って戦況を見つめる福田監督。

視点はピッチに戻って、再びアシトの所から攻め込まれる。

ゲームスピードについていけないアシトだったが、今回はボールの落下点に先に入ることができた。

しかし、競り合いで簡単に吹き飛ばされてしまい、突破を許してしまう。

それをカバーしたのは阿久津だった。

倒れこむアシトに「お前が穴だと全員にバレてるぞ」と言う。

「そのままけがしたフリして、誰かと代わってくんねぇか。」
引用:アオアシ130話

阿久津はかなりキレている。

ここで次回に続きます。

アオアシ130話の感想

今回は前話のフリを素直に受けて、アシトがめちゃくちゃ狙われるという話でした。

ある意味予想通りの展開です。

アシトについてはここから、持ち直すのか一回大挫折をするのかが気になります。

この試合の出来も気になりますが、今後アシトは阿久津とまともにチームメイトの関係を築けるんですかね・・・(^-^;

一方、冨樫も心配です。

プレミアリーグのスピードについていけずに、足を引っ張るアシトを見て、ホッとしたような表情をしていました。
しかも、それが良くない感情であることを本人は知っているといったような微妙な表情でした。

次回、杏里お嬢様に喝を入れられて気持ちを入れ替えて欲しいものです。

その他、次回に向けて気になるのは、福田監督の思惑ですね。

本当に直感だけでアシトを送り出したのか、僅かでも勝算があったのか?

栗林の投入はあるのか?

福田監督の采配で試合の行方はまだまだ変わっていきそうです。

次回も楽しみです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました