アオアシ129話のネタバレと感想!アシトがAチームで実戦デビュー!

アオアシアオアシ
スポンサーリンク

いらっしゃいませ。たけるです。

アオアシ129話「有言実行」のネタバレと感想です。

アシトがついにユース世代で日本最高峰のサッカーリーグ

プレミアリーグのリーグ戦でデビューを果たします。

しかし、アシトが体感するのは彼の想像を絶する世界でした…

アオアシ129話のあらすじとネタバレ

アシト達がエスペリオンユースのAチームに昇格してから初めての公式戦、

プレミアリーグの柏大商業高校戦。

前半を0-0で折り返すと、負傷した中村平と交代でアシトが左サイドバックに入る。

隣でプレーする左センターバックの阿久津はアシトを完全に無視。

アシトは右センターバックの志村からクロスだけは上げさせないように指示を受ける。

また、中盤の桐木からは「俺らで点取るから余計な事するなよ」と言われる。

後半がスタートすると桐木は宣言どおり仕掛けていくが、最初の攻めは上手くいかない。

しかし、柏大商業の選手は、桐木の仕掛けは充分脅威になっている。

一方、アシトはゲームスピードに全くついていけず。

相手選手とボールを競る場面でも出遅れてしまう。

それを分かっていたかのようにボールをカットしたのは阿久津。

そこからのカウンターで、遊馬、桐木、山田、と繋がり最後はキャプテンの義経がゴール!

「やべぇ、全然ついていけねー」

といった表情のアシト。

そんなアシトの様子を見つめる、柏大商業高校の杉浦監督・・・

ここで次回に続きます。

アオアシ129話の感想

今回はアシトがエスペリオンユースのAチームでデビューするお話でした。

「最初は絶対通用しない」

というAチームで、最初の公式戦から試合に出れるのは凄いことです。

しかし、阿久津をはじめ、先輩たちからはまだ認められていないようですね。

阿久津は、最初からアシトを目の敵にしていますが、他の先輩たちも

「邪魔だけはするなよ」

といった思いでいるようです。

アシトとしては

「ここで活躍しなければ、次はいつ出られるか分からん」

といった焦りもあるので、黙って守備だけこなしているつもりはなかったのでしょうが、出鼻は完全にくじかれてしまいました。

逆に桐木は、宣言通りアッサリと先制点を演出してみせるあたりさすがU-18日本代表です。

というかエスペリオンの右サイドは全員U-18日本代表ですから、そりゃ自信もありますよね。

そんな中、しっかりと得点シーンに絡んだ1年生FWの本木遊馬もやっぱり凄いんですね。

同期ですし、ゆくゆくはアシトとホットラインを築いていきそうなキャラクターです。

でも今はアシトが心配です!

持ち直せるのか?
デビュー戦は何もできずに終了してしまうのか?

次回も楽しみです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました